日本農福連携協会からのお知らせ

2024 1 12

施設演芸.comが、きゅうり農家オギハラ園芸など埼玉県熊谷市でのノウフク取材!YouTube動画を公開

施設演芸.comYouTubeチャンネルで、埼玉県熊谷市のきゅうり農家、オギハラ園芸がJAくまがや埼玉福興株式会社株式会社イーピービズと連携したモデルケースを取材する動画が公開されました。

地域を守る農福連携!?きゅうり農家×福祉施設の新しい取り組みとは【埼玉県熊谷市のケース】

農業分野では農業従事者の担い手不足が長期課題となっており、福祉分野では障がい者が職業を通して生きがいをもち、自立した生活を送るために就労意欲が高まっています。これらの課題を解決するための取り組みとして進められているのが農福連携です。

今回は農福連携の発案者であるきゅうり生産者の荻原さんと、一緒に取り組むJAくまがやの太田さんのお2人に、農福連携を始めたきっかけや今後の展望について取材しました。 さらに、福祉施設の方々が働く出荷場にも伺い、作業の様子を見学&きゅうりの袋詰めをお手伝いさせていただきました。就労の流れや特例子会社の仕組みとは?

◆施設園芸.com公式チャンネル◆
公式サイト:https://shisetsuengei.com

関連情報

施設演芸.comが、きゅうり農家オギハラ園芸など埼玉県熊谷市でのノウフク取材!YouTube動画を公開地域を守る農福連携とは?きゅうり生産者の挑戦を取材【埼玉県熊谷市のケース】 | 施設園芸.com埼玉県熊谷市で農福連携に取り組むきゅうり生産者:オギハラ園芸の荻原さんを取材しました。地元のJAと協力しながらきゅうりの袋詰めを福祉施設に委託しています。農業分野では農業従事者の担い手不足が長期課題となっており、福祉分野では障がい者が自立した生活を送るために就労意欲が高まっています。農福連携を始めたきっかけや就労の流れ、特例子会社制度とは? 施設園芸.com

パスワードをお忘れですか ?

Google reCAPTCHA により保護されています。 プライバシー - 規約

カートに商品がありません。